日本と日本社会を愛してる?
どのつら下げて。
石平さんの言葉を声に出して1万回読め

—————————————————-
新版 あとがき………石 平

私の場合、特にこの数年間、私生活の面でも大きな変化があった。

平成23年にはそれこそ生粋な日本人である大阪出身の女性と結婚して、
翌年の24年にはわが長男の誕生を迎えた。

結婚してからは妻の実家がある大阪府の堺市に移住している。

家の近くに仁徳天皇陵があって、時々その周辺を散歩して「仁徳さん」にご挨拶している。

思えば、仁徳天皇の時代には、多くの渡来人が日本にやってきてそのまま
日本に住み着いた。

そして今、彼らの子孫は完全な日本人となっていることは言うまでもない。

歴史はこうして、民族の伝統と文化を作り上げていくのである。

わが家の場合にしても、私自身が一応帰化人であるが、
うちの長男は生まれた時からすでに日本人である。

そして私の子孫は今後、やはり日本人としてこの国で生きていくこととなろう。

そういう意味においても、私はこれから、日本国と日本民族の未来永劫の安泰と
繁栄を願ってそのために何かしなければならない立場なのである。

それは結局、私の残りの人生の最大の使命でもある。

そして50年後あるいは100年後、私の子孫がどこかにある

(おそらく堺市にある)私の墓参りにやってくることとしよう。

その時、彼らは、この国が依然として繁栄と安泰であること、自分たちが
たいへん幸せであることを報告してくれるならば、私も静かに安らかに、
この日本の地で永眠できるのであろう。

おそらくその時となってこそ、
私はもはや帰化人ではなく、むしろ一人の日本人として
永遠の命を得ているのではないか、とつくづく思う次第である。
                    
平成25年4月
みそパンNEWS : 【李信恵】 差別に反対することはこの日本と日本社会を愛しているからこそ (via sqiz)
( windsock さんのポストをリブログ )
大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月〜12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い。
反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い: 2014/04/15 16:51 魚拓

大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。

警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。

逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月〜12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い。

反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い: 2014/04/15 16:51 
魚拓

米政府系放送局ラジオ自由アジアは15日までに、中国新疆ウイグル自治区のアクス地区で12日、バイクに乗って赤信号を無視したウイグル族の少年(17)と警察の間でトラブルがあり、警察が少年を射殺したと報じた。

少年射殺に怒ったウイグル族の住民数百人が12、13両日、少年の遺体を担いで抗議デモを実施。当局は催涙ガスを使用し、約30人を拘束するなどしてデモを抑え込んだ。

アクス地区では、ウイグル族によるとみられる警察襲撃や公安当局との衝突がたびたび発生。当局が「テロの実行犯」として容疑者を射殺するケースが相次いでいる。(共同)

警察がウイグルの少年を射殺 中国新疆、遺体担ぎ数百人がデモ: 2014.4.15 12:40 
魚拓

オーストラリア紙ジ・エイジ(電子版)は10日、米太平洋艦隊のハリー・ハリス司令官がこのほど、中国の軍備拡張や同国が東シナ海に設けた防空識別圏などをめぐり、「隣国をいじめている」として痛烈に批判したと報じた。

報道によればハリス司令官は9日夜、豪キャンベラで出席したオーストラリア戦略政策研究所の会議で、「中国が積極的に軍拡を進め、軍事の透明度が低いこと、さらにアジア地域での態度が次第に強硬になっていることを私は懸念している」と発言。


2013年末に中国が東シナ海に防空識別圏を設定したことについて、「一方的で危険な行為だ。日本と東シナ海の島をめぐる問題がある中では、挑発行為にあたる」と指摘した。

さらに、「中国の隣国いじめが地域の緊張を引き起こし、対抗のリスクをもたらした。国際法を無視した、または国際法とは無関係な海洋に関する主権主張を含むことであり、そのため、米国が太平洋とインド洋に存在し続ける必要性が高まった」と語った。

草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 米太平洋艦隊司令官が痛烈批判、「中国の日本いじめが緊張の原因だ」―豪メディア: 2014/04/14 Mon 17:36